各科の紹介

各科の紹介
  • 検査科Inspection department

    検査の業務は主に患者さんの各種の検体を分析して診断や治療に役立つ情報を提供する事です。外来では、血液を採取して貧血や肝機能を調べたり、入院患者さんの心電図を測定します。各種の検査を迅速に且つ正確に臨床医にフィードバックします。機械の管理を維持し、検体の採取と分離、測定、記帳とチェックを繰り返し結果を提出します。この様な結果から患者さんから 『ありがとうございました』と言葉をかけられると一時疲れも取れて気分も爽やかになります。

  • 放射線科Roentgenology

    放射線科装置の構成は、「一般撮影装置」「X線TV装置」「マルチスライスX線CT装置」「骨塩定測量装置」「内臓脂肪計画ソフト(CT用)」「マンモ撮影装置」「ポータブル撮影装置」「オペ室用外科イメージ装置」です。
    これらの機器を使用して外来患者さん、入院患者さんを撮影しています。また、定期健康診断、一般健診、人間ドックなどで撮影しており、患者さん中心の医療に努めております。

  • 薬剤科Pharmacy

    薬局の主な業務は入院患者さんの処方箋の調剤、入院患者さんの持参薬チェック、院内製剤の与製、消毒液の調整、院外処方箋の調剤薬局へのFAX、調剤薬局からの疑義照会への対応、医薬品情報の収集・整理保管及び提供、医薬品の保管管理並びに発注、各委員会(感染対策委員会、NST委員会、リスクマネジメント部会等)への参加等を行っています。患者さんに安心してお薬を飲んでいただけるよう、薬局スタッフ一同、正確な調剤を心がけています。

  • リハビリテーション科Rehabilitation

    リハビリテーション科では、入院されている方を対象に「①ご自宅で生活する為に必要な動作の練習」「①体と頭の動きを良くするための運動」を中心に行なっております。対象となる疾患は、脳梗塞などの後遺症、骨折などの整形外科疾患、廃用症候群(安静により体の動きが重くなってしまった状態)など多岐にわたります。
    内容は専門的な個別訓練と楽しみながら頭や体の動きを良くしていく体操やレクリエーションなどを組み合わせた活動を看護部と協力して状態に合わせて行なっております。また、ご自宅へお帰りになる際にはご自宅での過ごし方の注意点や運動方法の説明、住宅改修の相談等を必要に応じてご自宅にお伺いして行なっております。

  • 栄養指導科Nutrition

    栄養科では入院患者さんに治療の一環としてお食事を提供しています。食事の形態や内容は個々の患者さんの状態にあわせた物を提供するよう努めています。また入院中のお食事に変化をもたせる為、毎月行事食を実施しています。入院中や外来通院中の患者さんで食事療法が必要な場合は、個別で栄養指導を行っています。ご希望の方は主治医にご相談ください。

  • 医療福祉相談室Medical and Welfare

    医療相談室では、ソーシャルワーカーという社会福祉の専門家が、患者さんに関わる経済的・社会的・心理的な不安や問題を一緒に考え、解決できるようお手伝いしています。

  • 事務Secretary department

    当院の事務は、医事課・総務課・経理課の3課体制からなり、医事課は、外来入院患者さんの受付、診察費の算定や診療記録に係る各種事務を担当する業務。総務課は、病院施設の維持管理、営繕業務、医療機材の管理、調達、病院スタッフの任免等の業務。経理課は、当院に勤務する職員の給与計算等の経理・出納に関することを主な業務としております。直接診療に携わることはありませんが、患者さんの立場にたって業務を行うよう心掛けておりますので、何かお困りのことがあればどんな些細なことでも私達事務スタッフにご相談ください。